おっぱいをバストアップしたいなら、血流改善と育乳ブラが最適 – 加齢なら豆乳

おっぱいが大きくならない、歳をとっても小さいままで、少女の時と変わらない。

授乳した後で極端にしぼんでしまい、目も当てられない。

 

そんな方いませんか?というか、あなたはおっぱい大きくしたいでしょうか?

 

一言言っておくと、私は男性です。

ですが、小さいおっぱいを持った彼女と結婚したいがために、育乳に挑戦してもらいました。

アルギニンサプリを買って、育乳ブラであるブラデリスに一緒にいって、豆乳を飲んで。

プエラリアは生理不順などの関係で飲んでいませんが、しっかりとおっぱいの土台となる大胸筋を鍛えて。

 

結果的には、大満足の美乳になりました。

2人の子供を産んでしぼんでしまったAカップが、しっかりとDカップまで成長したのです。

 

今回は、彼女と同じ悩みを持っている方や、嫁や彼女のおっぱいを大きくバストアップさせたい男性に送る、育乳記録と方法のお話です。

 

まず用意したもので一番効果が高いのは、育乳ブラです。

これがないと、贅肉がついて多少おっぱいは大きくなるかもしれませんが、効率的に成長しませんし、脂肪がだるんだるんの汚いカラダになってしまいます。

 

上半身についた無駄な脂肪をおっぱいに定着させつつも、おっぱいの型となるバージスラインを整えてくれる優れものです。

インターネットでも育乳ブラは買えますが、きちんとその人の胸にあったブラジャーをつけないと意味が無いので、店舗に直接出向いてフィッティングして購入するのが大前提です。

 

育乳したいけど、高いし触られるのが恥ずかしいし億劫。

そんなことを言っていたら、成功するものも成功しません。

この期に及んでなにいってるの?ふざけてんの?

そんなレベルなので、ちゃちゃっとブラデリスの店舗で購入しましょう。大体1ブラジャー8000円ほどです。

2つあれば着回しできるので、16000円です。安いもんでしょう。おっぱいを大きく出来るのですから。

 

そしてプエラリアサプリメントを購入できるほどお金がある方は、プエラリアもお勧めです。

ただし女性ホルモンのバランスが崩れて生理痛が酷くなったり、不順になる可能性も否定できませんので、そこまで必然とは思いません。

市販の豆乳を飲みながらマッサージするだけでも、十分育乳できますからね。

 

また冷え性で下半身が太りやすいといった女性の場合は、アルギニンサプリメントが必須です。

冷え性の女性は貧乳が多いというのは散々データで出ています。胸にしっかりと血液がいかないので、女性ホルモンが出まくりの成長期に栄養不足になるんですね。

だからこそ、旬を過ぎてしまうと中々大きくすることが出来ないのです。

 

30代40代では女性ホルモンの分泌が減っていきますが、それは豆乳でサポート出来ます。

また若いころよりも贅肉が多くなっていますし、脂肪も柔らかいので、おっぱいに無駄な贅肉を定着させる意味では、有利です。

だからこそ、諦めないで持続していけば、半年や1年で目に見えて分かるほど成果が出ます。ほんとに。

 

アルギニンサプリメントは血流改善に効果的なので、冷え性対策にもばっちりです。

冷え性が治れば、おっぱいを冷やすことなく、滞ることなく血流から栄養を届けることが出来ます。

だからこそ、貧乳が多い冷え性女性には、プエラリアよりもアルギニンが有効です。

サプリメントの詳しい情報は以下のサイトでどうぞ。

アルギニン

 

毎日アルギニンサプリメントと豆乳を飲みながら、育乳ブラを付けます。

そして3時間に一度ぐらい、ブラジャーから漏れた贅肉を戻すことを心がけます。

また3日に一度ぐらいは大胸筋を鍛える意味でも、腕立てとか手を合わせて力を込める動作をします。

リンパを流す意味でも、肩こりは天敵なので、肩を廻す仕草も毎日行いましょう。

 

後は、適当に冷え性対策をしっかりして、入浴、裸でいない、クーラーガンガンなら冷えないように工夫。

それをしておけば、バストアップは成功です。

 

垂れ乳の残念な女性は、女として見れません。

だからこそ、改善しましょう。貧乳なんて、卒業出来るものです。

 

童貞と一緒。